活動報告

日本共産党高崎市議団の3名の活動を紹介しています。

2020年市議団だより夏号をアップいしました。

2020-夏号-市議団だより-web

2018年度予算要望書を携えて市長と懇談

11月14日(火)、来年度の予算要望書を市長に手渡し、短時間でしたが懇談をさせていただきました。
171114_1
171114_2
今回の要望書は完成までに相当な時間を要しただけあって、皆さんの切実な願いをたっぷり詰め込んだ力作に仕上がったと自負しています。
171114_3
要望事項は写真のとおり21分野にわたり、全部で212項目です。
近年、高崎市は大型開発に巨額の予算を投じていますが、福祉、教育、子育て支援、中小業者支援など、市民の皆さんにとって身近な施策のための予算をしっかり確保するように要望する内容になっています。
限られた時間の中で、伊藤ゆうじ県議は「学校給食費無料化」の要望を。
171114_4
依田よしあき市議団長は「国民健康保険都道府県単位化」と「高崎市内に不法にまかれていた有毒な鉄鋼スラグへの対処」に関する要望を。
171114_5
伊藤あつひろ市議は「保育士の処遇改善」と「子どもの貧困問題」と「核兵器廃絶に向けた取り組み」に関する要望を。
171114_6
大事な懇談なので真剣そのものです。
しかし、時には談笑する場面も。
171114_8
お互い終始しかめっ面では、伝わることも伝わらなくなってしまいますからね。
この一年、多くの方々から貴重なご意見をお寄せいただきました。
この場をお借りして、取り急ぎ御礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。
市政が市民のために存在するということを皆さんに実感していただけるように、これからも全力で頑張ってまいります。

くらしと平和を守って頑張ります

新しい年が幕をあけました。

今年も安保法制、平和をめぐる問題が焦点となり、野党と市民の連携がためされる年になるでしょう。

私たち高崎市議団も2回目の新年を迎えて、住みよい高崎市をつくり、市民の命と暮らしを守るために全力で頑張ります。

 

日本共産党高崎市議会議員団一同

第30回高崎平和コンサートが開催されました

10月17日(火)、高崎シティギャラリーにおいて第30回高崎平和コンサートが開催されました。

富岡市長代理で、新井総務部長がお祝いのメッセージを読みあげた後、今年の原水爆禁止広島世界大会に参加した7名の方の報告があり、それぞれ、現地に赴いて改めて核兵器の悲惨さ、戦争の不条理を感じ、自分たちのできることから声を広げていこうと訴えました。今年の目玉は、「愛と平和の宅急便」きたがわてつさんのコンサートでした。自分の生い立ちや、体験してきたことをトークに織り交ぜながら、愛と平和を願う歌を高らかに歌い上げました。何曲か会場も一緒になって歌い、大変盛り上がりました。参加者は200人、実行委員の皆さんお疲れさまでした。 伊藤あつひろ

消防隊総合訓練に参加

9月11日(日)もてなし広場での高崎市消防訓練に参加しました。
多くの議員と共に、消防隊の災害に備えた訓練の成果を視察しました。
日頃から市民の安全を守るため、頑張る隊員の皆さんに敬意を表します。

(文責 依田好明)

 

 

 

高崎アリーナの様子

高崎アリーナの様子

1 / 212